Cools

対応エリア

関東圏・静岡・山梨

無料見積もり・相談・24時間365日対応

Cools

対応エリア

関東圏 ・ 静岡 ・ 山梨

24時間365日対応
無料見積り・ 相談

メニューオープン メニュークローズ
2023年10月20日 (237日前)
最終更新日2024年05月22日 (22日前)

この記事は約 4 分で読めます。

こんにちは☺

株式会社Coolsです!

今回は「災害時の対処法 給湯器編」についてお紹介いたします!

エコキュート(電気温水器)も災害時にはいくつかの対応策があります。

非常用電源の確保

エコキュートは電気で動作するため

災害時には停電する可能性があります。

非常用電源(バッテリーや発電機)を用意しておき

エコキュートを運転するための電力を確保することが重要です。

給水源の確保

災害時には水の供給が途絶える可能性があります。

給湯機能を利用するためには給水が必要です。

水の備蓄や雨水を活用するなどの方法で給水源を確保しましょう。

温水の節約

災害時は資源の節約が求められます。

エコキュートの温水タンクには一定量の温水が貯められているため

最大限に活用し、無駄なく温水を利用するように心掛けましょう。

また、短時間で温水を供給する「急速モード」などの機能を使って

効率的に温水を利用することも有効です。

定期的な点検とメンテナンス

災害時には長時間の連続使用や環境の影響により

エコキュートの故障リスクが高まる場合があります。

定期的な点検やメンテナンスを行い異常があれば早めに修理することで

災害時におけるトラブルを最小限に抑えることができます。

専門業者への相談

エコキュートに関する詳細な対応方法や安全な運転については

メーカーや専門業者に相談することがおすすめです。

地域の電力会社や自治体の災害時対策に関する情報も確認し適切な対応を行いましょう。

ガス給湯器の場合はガス会社に確認するなどしてガスが供給されているのかを確認する。

修理や再供給の手続きをする。

ガス給湯器を使用している場合はガス供給が停止していない場合でも

災害時にはガス漏れや火災のリスクがあるため安全面に配慮する必要があります。

給湯器の周辺に火災感知器やガス漏れ検知器を設置し異常が検知された場合は

速やかに給湯器の操作を停止し適切な専門業者に連絡して点検や修理を行ってもらいましょう。

・非常用電源を確保する。
・給水源を確保し水の供給に備える。
・温水の節約に努める。
・定期的な点検とメンテナンスを行う。
・メーカーや専門業者に相談し、適切な対応策を得る。

これらの対策を講じることで災害時においてもエコキュートの

適切な稼働や安全性を確保することができます。

ただし、具体的な対応方法や注意事項は製品の取扱説明書やメーカーの指示に従うことが重要です。

Coolsでは エコキュート・ガス給湯器の他、太陽光・蓄電池なども対応しております。

後悔しない為にも気になる事があればお気軽にご相談ください!

株式会社Cools

☎0463-26-4022

神奈川県平塚市平塚5-6-3

公式LINE

Instagram

一覧に戻る
TOP