Cools

対応エリア

関東圏・静岡・山梨

無料見積もり・相談・24時間365日対応

Cools

対応エリア

関東圏 ・ 静岡 ・ 山梨

24時間365日対応
無料見積り・ 相談

メニューオープン メニュークローズ
2024年05月25日 (19日前)
最終更新日2024年05月24日 (20日前)

この記事は約 5 分で読めます。

関東圏・静岡・山梨エリアの地域別のエコキュートの選び方をご紹介!

こんにちは、Coolsのきよみです!

早いもので5月ももう終盤。暖かい日も増えて過ごしやすくなりました!

今回は、関東圏・静岡・山梨エリアにお住まいの方に向けて、地域別のエコキュートの選び方のポイントを解説していきます。

住宅地の密集する東京、比較的温暖な気候ながら海や山に近い南関東・静岡・山梨エリア、寒い季節には雪が降ることも多い北関東エリアでは、エコキュートの選び方にも違いがあります。

お住まいの地域や住環境にあったエコキュート選びのご参考にしてみてくださいね!

東京エリアのエコキュート選び方

東京の住宅事情とエコキュートの関係性

たくさんの人が集まる東京都内では、住宅事情が独特です。

狭い敷地に多くの住宅が密集している場合が多いので、省スペースで効率的な暖房・給湯システムが求められます。

最近のエコキュートは、省スペースでコンパクトな設計ながら高い省エネ性能を搭載した製品がたくさんありますので、都心部の住宅でも安心してご利用いただけます。

東京都内でのエコキュート選定ポイント

集合住宅などお住いの環境によっては、設置に条件や制約がある場合があります。

エコキュートを設置できる場所を事前に確認し、正しく配置する必要があります。

都心の高層マンションなどにお住まいの方は、給湯圧力や給湯タンクの容量なども確認して適切な機種を選びましょう。

南関東エリアのエコキュート選び方

神奈川県、千葉県、埼玉県の気候とエコキュートの関係性

南関東エリアは、年間を通して比較的穏やかな気候が特徴です。

冬はグッと寒くなる日があるものの雪が降るような日はほとんどなく、逆に夏は暑さが厳しい場合があります。

屋外設置する場合の多いエコキュートの配管凍結のリスクが少ないため、夜間に効率よくお湯を作る環境に適していると言えるでしょう。

南関東エリアでのエコキュートの選定ポイント

南関東エリアは、場所によっては比較的敷地にゆとりがあるご家庭も多く、広い選択肢を持ってエコキュートを選ぶことができます。

ただし、海の近い地域にお住いの場合は塩害や湿気などの影響を受けやすいため、防錆処理が施されており、耐久性が高くメンテナンスの行いやすいエコキュートを選ぶと良いでしょう。

長期間安心して利用できるよう、信頼性の高いメーカーや施工業者を選びましょう。

もちろん省エネ性能や給湯性能の確認もお忘れなく!

北関東エリアのエコキュート選び方

茨城県、栃木県、群馬県の気候とエコキュートの関係性

北関東エリアは、春と秋は比較的穏やかで過ごしやすいですが、夏は30度を超える猛暑日も多く、冬は気温が極端に下がり、山間部では雪が積もることもあります。

このようなエリアでエコキュートを設置する場合には、耐久性が高く地域によっては寒冷地仕様のエコキュート製品を選ぶようにしましょう。

北関東エリアでのエコキュートの選定ポイント

前述したとおり北関東は冬に寒くなる場合も多いため、お住いの環境によって標準仕様のものか寒冷地仕様のものにするのか最適な製品を選ぶようにしましょう。

寒冷地に設置する場合は、設置業者からのアドバイスを参考に風通しや凍結の影響を受けにくい場所に設置すると良いでしょう。

静岡・山梨エリアのエコキュート選び方

静岡県・山梨県の気候とエコキュートの関係性

静岡県、山梨県は他の地域と比べて穏やかな気候が特徴です。

冬は比較的温暖で、積雪はあまり見られません。

ただし夏は暑く、日中の気温が高くなることもあります。

他の地域に比べるとエアコンや暖房を頻繁に使用することは少なく、主に給湯にエネルギーを消費する傾向にあります。

エコキュートの導入により省エネ効果を高め、電気代節約につなげましょう。

静岡・山梨エリアでのエコキュート選定ポイント

どちらの県も温暖な気候で、年間を通して過ごしやすいことが多いですが、沿岸部・山間部などの環境によって設置するべきエコキュートの仕様が異なります。

一般的に沿岸部では海からの距離によって選択する耐塩害仕様のモデルを選びます。

富士山に近い山間部などでは冬の凍結リスクなどを考慮して寒冷地仕様のモデルを選ぶようにしましょう。

ほとんどの地域では標準仕様のエコキュートで問題ないことが多いですが、専門家のアドバイスを受けながら、お住まいの環境に合ったモデルを選びましょう。

関東圏・静岡・山梨のエリアごとのエコキュートの選び方をご紹介しました!

各地域ごとのエコキュート選び方のポイントをご紹介しました!

参考になりましたか?

同じ県内であっても山間部や沿岸部、住宅密集地や人口密度の少ない土地など、場所によっては設置できる機種が異なる場合があります。

ご家庭の環境にあった内容を参考にしていただけたら幸いです!

当社で実際に交換工事を行ったお客様の交換事例もご紹介しておりますので、こちらも合わせてご覧になってみてくださいね。

▼施工事例①▼(神奈川県平塚市)
薄型SRT-HPT37WZ4から薄型EQX37XFTVへのエコキュート交換工事

▼施工事例②▼(千葉県千葉市)
CTU-H3014AJ-BLからCTU-S30AY1-12へエコキュート交換工事

▼施工事例③▼(栃木県宇都宮市)
EQN37MBFVからBHP-FG37WUへエコキュート交換工事

最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後も日々の暮らしに役立つ情報を発信していきます!

次回の投稿もお楽しみに!

一覧に戻る
TOP